タグ別アーカイブ: ゼニス

全国大会 2012 G-1 グランプリ東北エリア代表決定戦使用デッキ

全国大会 2012 G-1 グランプリ東北エリア代表決定戦使用デッキ
E2 限定赤緑 t 白ビート対応型獰猛覇ゼニス
3 x 勝利宣言(ビクトリー・ラッシュ) 鬼丸「覇(ヘッド)」
3 x 火焔タイガーグレンオー
3 x モエル 鬼(ラブ)スナイパー
2 x 「祝」の頂 ウェディング
3 x 「智」の頂 レディオ・ローゼス
3 x 偽りの名(コードネーム) ハングリー・エレガンス
4 x 躍喰の超人(シラウオ・ジャイアント)
3 x 獰猛なる大地
4 x ライフプラン・チャージャー
4 x フェアリー・ライフ
4 x 時空の庭園
3 x 光牙王機ゼロカゲ
1 x 光牙忍ハヤブサマル

デッキの概要

マナをひたすら加速して、獰猛もしくはハングリーを展開します。相手が速攻やビートなら、トリガーやシノビで受け止めつつ、全力でヘッドを出します。相手がコントーロールなら、相手より早くローゼスを出します。

成立の経緯

ベースとなったのは、ライカルさんの白黒赤緑 E2 獰猛覇デッキでした。そのデッキは、こういう構築でした:

ライカルさん公開『ターボ覇/赤緑黒白:E2』

3 x 「智」の頂 レディオ・ローゼス
3 x 光牙王機ゼロカゲ
1 x 光牙忍ハヤブサマル
4 x デーモン・ハンド
4 x 勝利宣言(ビクトリー・ラッシュ) 鬼丸「覇(ヘッド)」
4 x モエル 鬼(ラブ)スナイパー
4 x 獰猛なる大地
4 x ライフプラン・チャージャー
4 x 時空の庭園
4 x フェアリー・ライフ
1 x 龍仙ロマネスク
4 x 腐敗無頼トリプルマウス

トリプルマウスが 4 枚入っていたのですが、赤黒速攻相手に激しく腐っていたので、その枠をシラウオ・ジャイアントに変えました。ガチンコの勝率増加にも寄与して、よい選択だったと思います。その都合で、闇文明の枚数を確保することが難しくなったので、デーモン・ハンドを抜いてタイガー・グレンオーを入れました。

コントロール相手だと、エレガンスを立てた側が安定してローゼスを召喚できるので、スペースを作って投入しました。地雷タイプのデッキ相手には、ウェディングの準全体除去が役に立つので、投入しました。まとめると、

  • 序盤はブーストしてエレガンスを用意。
  • 対速攻&ビート → 獰猛をハンドキープして覇
  • 対コントロール → エレガンスからのローゼス
  • 対地雷 → エレガンスからのウェディング

といった三段構えのデッキです。この読み自体は完全に当たりで、予選はまさにこの 3 通りの動きで制圧しました。決勝トーナメントの 1 没の相手は闇入りのゼニスで、こちらが先攻だった上に相手にトリプルマウスを決められてしまったために息切れし、負けるのは仕方がない展開でした。

これから E2 限定戦を迎える方に、なんらかの参考になればと思います。

G-1 グランプリ東北大会レポート

G-1 グランプリ東北大会の模様おはようございます。昨日は公式大会に初めて参加してきました!とりあえず、記憶が鮮明なうちに、大会のレポートを書いておこうと思います。

使用デッキは、赤緑 t 白の獰猛エレガンス・ゼニスでした。

予選 1 戦目 ビートダウン ○

こちら先攻。後攻の相手のマナゾーンにキリューがおかれて、もしやグレイテスト・グレートか!?と警戒したのですが、2 ターン目にタイガが殴ってきました。デアリガズのビートだったようです。2 パンチ目でタイガーがトリガーし、後は流れるようにガチンコで制圧。

予選 2 戦目 ゼニス ○

こちらと似たデッキでした。ネクラゼニスだったのではないかと思います。こちらが先攻だったのですが、初手の自然はフェアリー・ライフ 1 枚のみ。3 ターン目に自然のカードをようやく引いたので、やっとブーストできる!と思ったのに、間違えてゼロカゲを置いてしまいました。戻すのを拒否されたので、そのまま続行したのですが、相手はマドンナを出した後、トップに恵まれなかったようで、こちらがハングリーからの制圧ムードになった後はそのまま押し切れました。

対戦相手の方は、試合終了後、間違えてデッキを片付けそうになった僕を、急いで制止してくれました。序盤のマナセット等とともに、ルールに関していろいろ指摘してもらって、ありがたいことでした。

予選 3 戦目 どんくん、赤黒速攻 ○

このタイプのデッキに勝つために調整してきました(といっても、2t デュアルショックを決められてしまったら、返す手段はないのですが)。相手 2 パンごろにモエルやシラウオが次々とトリガーして、さらにトップで引いたタイガーやゼロカゲから除去+ブーストという制圧展開。そのままねじ伏せました。

全勝で予選通過。

本戦 1 戦目、黒赤緑ゼニス獰猛覇 ×

一週間前まで僕が使用していたデッキタイプ。同型に強い型なので、苦しい展開でした。こちらは 8 マナまで伸ばしたところで、ハンドが切れました。その後トップで引いたのがゼロカゲ、ローゼス、そしてライフ、庭園。見事にかみ合わず、敗北しました。ローゼスをあと 1 ターン遅く引いていたら、もっと勝負はかわっていたかもしれません。

試合はこんなところでした。初出場で決勝トーナメントまで進出できたので、とりあえずはよしとしましょう。皆さんお疲れ様でした!

ゼニス・デッキ

まずはレシピを。

2 x 「智」の頂 レディオ・ローゼス
2 x 「祝」の頂 ウェディング

1 x 龍仙ロマネスク

2 x 永遠のリュウセイ・カイザー
1 x ボルシャック・スーパーヒーロー
1 x 勝利宣言(ビクトリー・ラッシュ) 鬼丸「覇(ヘッド)」

1 x ボルバルザーク・エクス
1 x 悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス

3 x 霞み妖精ジャスミン
4 x フェアリー・ライフ
1 x 再誕の社
3 x セブンス・タワー

2 x 超次元ホワイトグリーン・ホール

1 x 黙示賢者ソルハバキ
1 x 光牙忍ハヤブサマル
1 x スローリー・チェーン
1 x DNA・スパーク

1 x 反撃のサイレント・スパーク

3 x サイバー・N(エヌ)・ワールド
1 x 蒼狼の始祖アマテラス
3 x ブレイン・ストーム
4 x ドンドン吸い込むナウ

4 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
2 x 激相撲!ツッパリキシ/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン
1 x ブーストグレンオー/激竜王ガイアール・オウドラゴン
1 x アルプスの使徒メリーアン/豪遊!セイント・シャン・メリー

4 x □、8 x 、12 x 、7 x 、16 x (虹 x 6)

ゼニスのデッキ。
ゼニスのデッキ。

元になっているのは、RUKI さんのゼニスデッキです。僕はこれをベースに改造をはじめました。後に RUKI さんも火入りのゼニスを公開されています。火を入れた理由は僕も RUKI さんも同じ、ビートされても耐えられるように、です。

無色のゼニスのおかげで、レインボーが 6 枚もあるのに、色配分はかなりギリギリです。2 コストブーストの成功率は 53% しかありません。しかし、2 ターン・ブレイン・ストームの成功率が別に 23% あるため、2 ターン目に行動できる可能性は 76% になります。ブレイン・ストームで 3 ドローした後の 3 ターン・ブーストの成功率は 91% にも達します。これが、僕がフォーチュン・スロットを外して、ブレイン・ストームを積んだ理由のひとつです。

ほかにも、ブレイン・ストームには;

  • 手札に来た悠久を山札に戻す。
  • 覇のガチンコ・ジャッジに備えて、トップ・デックを操作する。
  • ロスト・マインドが来る可能性の高い時に、呪文を山札に避難させる。
  • ブーストでマナに落とすカードを選ぶ。

等々、幅広い使い道があります。

光と火がそれぞれ 8 枚と 7 枚あるのは、状況や対戦相手に応じて、使いたいカード(ホワイトグリーン・ホールやソルハバキ、リュウセイ等)が手札に来たときに、それをキープさせたまま 10 マナまで伸ばせば、勝手に少なくとも 1 枚はマナ・ゾーンに落ちる確率の高い枚数だからです。

最近調子がいいです

また優勝できました。このところ勝ちまくっているデッキを紹介します。

最近使っているゼニス・デッキ
最近使っているゼニス・デッキ

回し方などはまた今度。いろんなことができる、優秀なデッキに仕上がっていると自負しています。ベースになっているのは、RUKI さんのゼニス・デッキですが、改良と調整を重ねてこの形となりました。

DR に 5 回でて 4 回優勝できているので、なかなか優秀なんじゃないかと思います。覇がやっぱりミソです。滅多に使いませんが、無いと優勝できないです。