カテゴリー別アーカイブ: その他の記録

シャッフルについて

CSが近いので、大会レポートはまわりの方々のご迷惑になるといけないので、控えます。

さて、題名の通り、シャッフルについて。前々から引きが弱いという自覚はあったのですが、先週の土曜日の大会で再び事故を多発してしまいました。7本戦って2ターン目ブーストできたのは3回、そして相手のサイバー・N・ワールドのあと手札に2マナブーストが4枚くることが2回。あきらかに上手にシャッフルできていません。

そこで、その日の午後は自宅でシャッフルの練習をしていました。ところが、やってもやってもうまくシャッフルできない。ネットで検索してみると、「いろいろなシャッフルを組み合わせて…」みたいな話はでてくるのですが、すでにやっていることばかりでした。スリーブが悪いのか?それとも、ホイルのフェアリー・ライフが帯電か何かして、静電気で張り付くのか?わからないままいたところ、見かねた妻が「貸してごらん」と。

シャッフルしてもらったところ、うまく切れているではありませんか。まぐれかもしれませんから、もう一回やってもらっても、やっぱりうまく切れている。じゃあもう一回、もう一回…とやっていくと、きちんと確率通り(2ターン目までにブーストカードを引く確率が約 80%)の動きをしていることがわかります。やっていることは、ヒンズー・シャッフル+ファロー・シャッフルを3セット、ということでかわりが無いのですが。

それで、僕のシャッフルの特訓がはじまったわけです。要点を簡単に書くと:

  • ヒンズー・シャッフルで抜きとるカード枚数を、なるべく一定に保てるようにする。
  • ファロー・シャッフルをするときに、きちんと一枚一枚が交互にかみ合うように気をつける。
  • 上2つを達成するため、意識を集中してシャッフルする(惰性でシャッフルをすると、塊がとれない)。

こんなところでした。おかげで驚くほど事故率が減って(想定されていいる水準にまで下がって)、満足しています。これだけ事故率がコントロールできるなら、以前に使用をあきらめてしまったデッキも使えそうです。

フリー 2 ほんだしさん

2014 年 7 月 6 日
アークエコ市場 黒岩店

kto. さんとの対戦後、今度はレジで売上げをチェックしているほんだしさんをとっ捕まえてデュエルをはじめました。迷惑な客でもうしわけありません。

しかし、ほんだしさんのクロスオーバー・ヨミのデッキが凶悪すぎて全然勝てない。一昔前ならホワイトグリーン・ホールからプリンプリンを連打してデグの坊にしてやれたのですが、今はそうは行きません。1回きりのプリンプリンで突破口をひらき、永遠龍はじめドラゴン類で一斉攻撃!

「アトランティス出ました~」

投了。

フリー 1 Kto. さん

2014 年 7 月 6 日(日)
アークエコ市場 黒岩店

この日僕は大会に参加するためコジマ電機に行っていたのですが、現地に到着したところ「今日の大会は急遽なくなりました」という悲しみのお知らせ。ひらつかさんがお休みを取られているようだったので、ひょっとすると体調不良かな?なんて考えながらも、ちょっぴりがっかりして帰宅しようと Twitter を見てみたら「今日はアーク大会だったかな?いってみまーす」という kto. さんの脳天気な書きこみを見つけました。「あにいってんだべ、今日のアーグの大会は休みだっぺしたぁ」と思いながら、これはいい対戦相手が見つかったとアークへむかい、れっつ・でゅえる(死語)。

全体としては…ちょっと負け越したかな?kto. さんのデッキはイチイチメタ外のデッキばかりなので、有効な勝ち筋がなかなか見つかりません。特に主力デッキのランデスサイクリカの勝率が5割行ったかどうか怪しかったのが一番悔しかったです。やっぱりガロウズ・ホールを積んだ方がよさそうです。それからアンタッチャブル・パワードも居た方が良いですね。kto. さんありがとうございました!それから福島転勤おめでとうございます ( ^o^)ノ。

ボルコン対局 6 けんさん

2014 年 7 月 6 日(日)
ハッピースタイル 矢野目店

お相手:けんさん:×

前日にひきつづき、この日もけんさんに対局を申し込みました。構築についてはお互い昨日と変わりないと思います。動きのない序盤から始まり、中盤で先にドローソースを出したのはこちらでしたが、ひとつずつつぶされてしまいました。それでも盤面ではこちらが圧倒していたので、バザガジー・ラゴンを召喚して制圧をはじめました。

ところが、返しのターンにダイイング・メッセージを召喚されてから流れが変わってしまいました。バザガジーをフリーズされ、シールドフォースのきれていた PG で殴り返したところハンゾウを喰らい退場、あとはずるずると負けてしまいました。

先日、7 マナの光クリーチャーにはジャンヌ入れてみたばかりではありますが、ダイイング・メッセージに切り替えるのも悪くなさそうです。ちょっと検討してみようと思ったのでした。

ボルコン対局 5 けんさん

2014 年 7 月 5 日(土)
ハッピースタイル 矢野目店

少し構築がかわって、《龍素記号Fz オシロスコープ》が入っていました。これがかなりのくせ者で、呪文を唱えるたびに足止めを喰らわせてきます。ドローソースもつぎつぎとつぶされ、最終的にはボルホワですがすがしく殴りきられました。

アークエコ市場黒岩店 2 スペルサイクリカを買いに

前々から買おうと決めていたスペル・サイクリカを4枚買いました!DS の東北大会でもきっとお世話になるカード、さっそく大会で積極的に使っていきたいと思います。

お買いもののあとは、ほんだ(し)さんと対戦。前々から披露するといっていたデッキをお互いに使ったところ…ほんだ(し)さんの4ターン・クロスオーバー・ヨミ・デッキが強い!除去できずブロックできないって、4ターン目に出てくるとかなり脅威です。しかもブレイク数増加のギミックまでありました (^_^;)。

ボルコン対局 4 CAN くん

2014 年 6 月 28 日(土曜日)
佐周書店 鎌田店

お相手:CAN くん:×○

お相手の構築の特徴:DR 後に CAN くんとフリーをしていたら、「ボルコン組み直してきました」と言われて、さっそく対戦を始めてみると…むむ、自然が入っている(笑)。「僕がやっているボルコンは、アサリ杯というボルコン杯の構築で…」という話をしつつ、せっかくなので対戦。ボルコンと言うよりも5色ハイランダー相手の戦いでした。

1本目は順調なブーストからのパワーカードの襲来でやられましたが、2本目はこちら側がボルコン特有の「相手の行動を裏目にさせる動き」がうまく回って勝ちました。ワンパンデスゲートが強かっただけと言う面もあったかもしれませんが (^0^;)。

なんとかして転生プログラムを入れる枠が欲しいなと思ったのでした。

ボルコン対局 3 CAN くん

2014 年 6 月 21 日(土曜日)
佐周書店 鎌田店

お相手:CAN くん:○

お相手の構築の特徴:ボルコン杯ルールにとらわれずに組まれているデッキ。超次元を投入しているし、ハイランダー構築でもありません。しかし、ビートや速攻に対するメタカードも使われており、ボルコンとの対戦のみに特化したこちらのデッキはむしろ有利な側面も多いのです。

対戦内容:CAN くんはボルコンを組んで間もないので、ボルコンのエートスをまだ汲みきれていなかった模様。ボルコン相手にヒビキを並べたところで、オルゼキアの良いターゲットになるばかりです。ボルコンのエース級クリーチャー(PG やドローソース群)たちも出てこなかったので、対戦は終始こちらのペースで進みました。

またの機会もよろしくお願いします。

kto. さん作『星龍解ガイギンガ・ソウル』シャドーボックス

ハッピーのデュエルロードに参加したら、kto. さんが見せてくださいました。写真でシャドーボックスのすごさを伝えるのは難しいのですが、遠近の迫力が欲しいので、広角端で絞りを全開して撮影してみました。

星龍解ガイギンガ・ソウル1DSC09652星龍解ガイギンガ・ソウル3

このシャドーボックスは、現在アークエコ市場 福島黒岩店2階のショーケースに飾られています ( ^o^)ノ。

ボルコン対局 2 のりひとくん

2014 年 6 月 15 日(日曜日)
アークエコ市場黒岩店

お相手:のりひとくん:○○×

お相手の構築の特徴:こちらがベルリンを出してどや顔をしていると、腐敗勇騎ガレックでどや顔返しをしてくる。また、邪眼皇弟アウグストIII世がかなりうっとうしい。

1本目、2本目ともに、永遠のリュウセイ・カイザーで勝ちました。1本目はハンデスで場に出たところから一斉攻撃、2本目は自分のオロチでめくった結果出てきて、一斉攻撃。3本目もハンデスから永遠のリュウセイ・カイザーが出たのですが、こちらは制圧されて負けました。

今回は構築の見直しは特になし…といいたいところなのですが、この日の夜、デスクルトさんから衝撃のツイート「リュウセイと名のつくカードの使用禁止」が通達されたのでした!

つづく!