大会レポート 14 コジマNEW方木田店

2014 年 6 月 22 日(日曜日)
コジマNEW方木田店
ドラゴン・サーガ限定構築戦デスシラズ

復帰後初めてコジマNEW方木田店の大会に参加してきました。ひらつかさんお元気そうで良かったです ( ^o^)ノ。

第1回戦:青年:光自然:○

ドラゴン・サーガ限定構築戦で、ギフトガイギンガ以外の多色デッキが来るとは思いませんでしたが、あちらの展開よりもこちらの除去の方が早く、勝ちました。

第2回戦:Sさきくん:サソリス:×

こちらの事故がひどくて、残念でした。まず初手に月下城2枚とデスゲート2枚。デッキのクリーチャーは 28 枚なのですが、3ターン目にホネンビーを召喚したところ3枚とも呪文が落ち、手札が増えず。その後、悪魔龍リュウセイを召喚するところまではなんとか粘ったものの、ドローしてもドローしてもウルボロフもツミトバツも引かず、相手の一斉攻撃で盾からウルボロフが3枚出てノートリガーで負け。もうちょっとまともな試合がしたかったなあ (´д`)。

参加賞パックからはまたもや月下城が出てきたので、そこは嬉しかったです (*^_^*)。さとうくんとひさびさにいろいろお話しながらデッキを回して、午前中にハッピーで売り切れだった『滅びの龍刃 ディアボロス』を購入して帰りました。

大会レポート 13 ハッピースタイル

2014 年 6 月 22 日(日曜日)
ハッピースタイル 矢野目店
ドラゴン・サーガ限定構築戦
デスシラズ

ハッピースタイル 矢野目店
ハッピースタイル 矢野目店

参加者は僕1人でした (>_<)。というわけで、店員のけんさんと対戦。

けんさん:デスシラズ:×○○

けんさんは『滅びの龍刃 ディアボロス』に収録されているカードをいくつか採用したデッキ。ウルボロフを使ったデッキでは、ウルボロフを召喚するまでに墓地にファンキー・ナイトメアを落とすことが重要です。『ディアボロス』に収録されている《墓標の悪魔龍 グレイブモット》は、新たな墓地肥やしとして有効でした。また、《極龍刃 ディアボロス》は、墓地に5マナ以下のファンキー・ナイトメアが落ちなかった場合(わりと多い)でも、ウルボロフが腐らないという点が役にたっていました。

1本目は、そんな新規カードのシナジーを見せつけられて負け。2本目は、それでもなんとかツミトバツまでつなげて逆転。3本目はけんさんが初手に事故を起こして勝ち。

おまけで、『燃えよ龍剣 ガイアール』とも対戦してきましたが、デスシラズの除去能力の高さで相手を圧倒して勝ちました。大量展開されても、ツミトバツまで持たせればなんとかなります。デスシラズなかなか良いです ( ^o^)ノ。

終了後、2人でパックを開封したところ、先週 20 パック以上開けても1枚も出てこなかった月下城が、けんさんとむきむきしたところ 10 パック程度で 2枚出てきました。大会に来て本当に良かったです ( ^o^)ノ

ボルコン対局 3 CAN くん

2014 年 6 月 21 日(土曜日)
佐周書店 鎌田店

お相手:CAN くん:○

お相手の構築の特徴:ボルコン杯ルールにとらわれずに組まれているデッキ。超次元を投入しているし、ハイランダー構築でもありません。しかし、ビートや速攻に対するメタカードも使われており、ボルコンとの対戦のみに特化したこちらのデッキはむしろ有利な側面も多いのです。

対戦内容:CAN くんはボルコンを組んで間もないので、ボルコンのエートスをまだ汲みきれていなかった模様。ボルコン相手にヒビキを並べたところで、オルゼキアの良いターゲットになるばかりです。ボルコンのエース級クリーチャー(PG やドローソース群)たちも出てこなかったので、対戦は終始こちらのペースで進みました。

またの機会もよろしくお願いします。

大会レポート 12 佐周書店 鎌田店

2014 年 6 月 21 日(土曜日)
佐周書店 鎌田店
デュエルロード・ビクトリー
ドロマー超次元

第1回戦:弟くん(坊主兄弟):燃えよ龍剣 ガイアール:×○○

対戦相手の弟くんは、あまり効果を把握していない状態でデッキを使っていました。なので、一緒に効果を読みながら対戦していたら、1本目は敗北してしまいました(笑)。こちらのサイキック・クリーチャーをことごとく滅でつぶされて、最後は《怒英雄 ガイムソウ》からの《ガイアール・ゼロ》と《ガイアール・カイザー》で一気に負けました!

第2回戦:どんくん:闇火自然ガイギンガ:××

先週に引き続きどんくんの引きが強かった(笑)。1本目はハンデスしきったところトップでグレンモルトを引かれて負け、2本目は場も片付けてこちらシールド2枚のところ、トップでシューゲイザーを引かれてクリーチャーを大量展開され、さばききれず負け。

大会レポート 11 ハッピースタイル 矢野目店

2014 年 6 月 21 日(土曜日)
ハッピースタイル 矢野目店
デュエルロード・ビクトリー
ドロマー超次元

第1回戦:シード

第2回戦:ゆうくん:闇火自ガイギンガ:××

1本目は何もトリガーせずに負け。2本目は多少粘ったけれど、次から次へとアタッカーを引かれてしまい、結局負け。エバーラストは龍解しても結局シューティング・ホールで除去されてしまうのが辛いです。

DSC09611f

kto. さん作『星龍解ガイギンガ・ソウル』シャドーボックス

ハッピーのデュエルロードに参加したら、kto. さんが見せてくださいました。写真でシャドーボックスのすごさを伝えるのは難しいのですが、遠近の迫力が欲しいので、広角端で絞りを全開して撮影してみました。

星龍解ガイギンガ・ソウル1DSC09652星龍解ガイギンガ・ソウル3

このシャドーボックスは、現在アークエコ市場 福島黒岩店2階のショーケースに飾られています ( ^o^)ノ。

ハッピースタイル 矢野目店 2 改装

ツイッターで、改装がほぼ完了したという旨のツイートが流れてきたので、行ってみました。デュエルスペースのテーブルが2台になっていました。これで大会進行がスムーズになるでしょうか ( ^o^)ノ。

改装直後の様子
改装直後の様子

ボルコンから永遠のリュウセイ・カイザーを抜いて

デスクルトさんからアナウンスをいただいた通り、アサリボルコン杯(一度行ってみたい)のレギュレーションが修正されて、名前にリュウセイを含むカードの使用が禁止されました。僕もそれに従いたいと思います。

デスクルトさんからいただいたリプライによれば、ボルメテウスを上回るフィニッシャーは規制したいとのこと。確かに、自分自身も永遠のリュウセイ・カイザーが場に出た時点で総攻撃をかけることが多かったです。

かわりにガレックを戻すことにしました。ガレックで相手のベルリンを破壊してハンデスをしたら、リュウセイ・カイザーを引いてしまったトラウマがありました。今後はその心配がなくなるでしょうから ( ^o^)ノ。

ボルコン対局 2 のりひとくん

2014 年 6 月 15 日(日曜日)
アークエコ市場黒岩店

お相手:のりひとくん:○○×

お相手の構築の特徴:こちらがベルリンを出してどや顔をしていると、腐敗勇騎ガレックでどや顔返しをしてくる。また、邪眼皇弟アウグストIII世がかなりうっとうしい。

1本目、2本目ともに、永遠のリュウセイ・カイザーで勝ちました。1本目はハンデスで場に出たところから一斉攻撃、2本目は自分のオロチでめくった結果出てきて、一斉攻撃。3本目もハンデスから永遠のリュウセイ・カイザーが出たのですが、こちらは制圧されて負けました。

今回は構築の見直しは特になし…といいたいところなのですが、この日の夜、デスクルトさんから衝撃のツイート「リュウセイと名のつくカードの使用禁止」が通達されたのでした!

つづく!

大会レポート 10 アークエコ市場黒岩店

2014 年 6 月 15 日(日曜日)
アークエコ市場黒岩店
非公認大会
ドロマー超次元

第1回戦:少年:連ドラ:○×○

多くの人に顰蹙を買ってしまった勝負。決着まで1時間以上かかってしまいました。相手の少年がじっくり考えるタイプだった上、僕は1本目はホールをいつまでも引かず、2本目は初手がエナジーライト4枚だった上に闇をいつまでも引かず(闇 24 枚のドロマーでこんな事が起こるとは…)、3本目は初手がすべてホール呪文という事故続きで、動くに動けなかったのです。3本目なんて、山札のこり 10 枚ぐらいのときに初めて特攻人形引きましたし (^_^;)。

第2回戦:りょうたくん:墓地ソース:×○×

スクランブルタイフーンをハンデスできなかったとか、スクランブルからクロスファイアをじゃんじゃんだされたとか、とにかくスクランブルにかかわる負けが多かったです。こればっかりは防ぎようが無いのであきらめるほかないです (^_^;)。

大会終了後は、ほんだしさんといろいろお話して、結局 Q.E.D. を買って帰ることになりました。店頭で価格 1,500 円というのは、かなりがんばっている値段だと思います。オークションでも送料を考えればこのぐらいの値段、最近アークが本当に安い!

龍素王 Q.E.D. 1,500 円は安い ( ^o^)ノ
龍素王 Q.E.D. 1,500 円は安い ( ^o^)ノ