黒緑速攻 by えじまさん(第3回 デュエルマスターズ 東京下町チャンピオンシップ)

東北エリア予選表彰後、上位 4 名がいろいろと書類にサインをしています。
東北エリア予選表彰後、上位 4 名がいろいろと書類にサインをしています。

『2012-11-04 黒緑速攻 by えじまさん(第3回 デュエルマスターズ 東京下町チャンピオンシップ)』
4 x 緊縛の影バインド・シャドウ
4 x 孤独の影ロンリー・ウォーカー
4 x 闇戦士ザビ・クロー
4 x 停滞の影タイム・トリッパー
4 x 死神術士デスマーチ
4 x 無頼封魔アニマベルギス
4 x スナイプ・モスキート
4 x 冒険妖精ポレゴン
1 x ダンディ・ナスオ
3 x ジオ・ナスオ
4 x 密林の総督ハックル・キリンソーヤ

最近のデュエルマスターズの通常環境は、ビッグマナ・デッキ同士が大型クリーチャーを投げ合う展開になっているので、その間隙を速攻で突いてきた形になっているのだと思います。僕も自分の N エクスと戦わせてみましたが、勝てない勝てない(笑)。

せっかくなので、E2 のデッキ構築で培った、トリガーの多い E2 ビッグマナデッキのエッセンスを取り入れて、デッキを改造してみました。具体的には、タイガーグレンオー・モエル・シラウオを投入しつつ、今まで通りの N エクスのパフォーマンスを発揮できるように調整してみました。

その分抜いたのは、ボルシャック・スーパーヒーロー。以前からずっと、ホワイトグリーン・ホールとのアンシナジーを気にし続けてきたカードでしたが、E2 のおかげでモエル鬼スナイパーの存在に気づき、とうとう選手交代です。

調整の結果、勝率は 50% ぐらいになってきました。黒緑速攻を DR で使って来る人も少ないので、この程度の勝率があれば十分でしょう。明日は浜松 CS のそばんげさんのデッキと戦ってみたいと思います。

青緑黒シンデレラ by おまんちんさん

東北エリア代表戦の様子。
東北エリア代表戦の様子。これは決勝トーナメント 3 回戦ごろの様子だと思います。

『青緑黒シンデレラ by おまんちんさん』

2 x 「智」の頂 レディオ・ローゼス
3 x 「祝」の頂 ウェディング
3 x スベンガリィ・クロウラー
4 x フォーチュン・スロット
2 x ノーブル・エンフォーサー
2 x 陰謀と計略の手
1 x 威牙の幻ハンゾウ
2 x 猛虎ライガー・ブレード
3 x 超次元ミカド・ホール
2 x 超次元リバイヴ・ホール
4 x 霞み妖精ジャスミン
1 x 天真妖精オチャッピィ
2 x 偽りの名(コードネーム) ハングリー・エレガンス
4 x フェアリー・ライフ
1 x 再誕の社
4 x セブンス・タワー
2 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x サンダー・ティーガー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
1 x 時空の封殺ディアスZ(ゼータ)/殲滅の覚醒者ディアボロスZ(ゼータ)
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 超時空ストームG(ゲンジ)・XX(ダブルクロス)/超覚醒ラスト・ストームXX(ダブルクロス)

先日の続きです。おまんちんさんのデッキと自分の黒抜きゼニス覇 N エクスで 10 回ほど戦ってみたところ、全体的には N エクスの方が勝率が高かった(7 割勝利)です。おまんちんさん自身がおっしゃる通り、メタの対象とされているのは扉、イエス、そして黒緑速攻で、N エクスに安定して勝つ構築にはなっていません。

ただ、取り入れたい強さはいろいろとあります。まずは相手がブーストしきって、ローゼスで手札を確保し、山札の残り枚数が 1 桁になったところに、ヴォルグ・サンダーを打ち込める点。また、ハングリー・エレガンスを入れるスペースが確保できている点。それから、扉をスベンガリィでいなせるという点、以上の 3 つです。

先日、変形デッキが発売され、その中にミツルギブーストとモーツァルトという強力なカードが、新たに収録されました。両者とも多色で、しかもモーツァルトは僕の N エクスには入らない黒赤緑となっています。おまんちんさんのデッキをみて、白抜きの N エクスを組むヒントが得られたように思います。