G-1 グランプリ東北大会の模様

G-1 グランプリ東北大会レポート

G-1 グランプリ東北大会の模様おはようございます。昨日は公式大会に初めて参加してきました!とりあえず、記憶が鮮明なうちに、大会のレポートを書いておこうと思います。

使用デッキは、赤緑 t 白の獰猛エレガンス・ゼニスでした。

予選 1 戦目 ビートダウン ○

こちら先攻。後攻の相手のマナゾーンにキリューがおかれて、もしやグレイテスト・グレートか!?と警戒したのですが、2 ターン目にタイガが殴ってきました。デアリガズのビートだったようです。2 パンチ目でタイガーがトリガーし、後は流れるようにガチンコで制圧。

予選 2 戦目 ゼニス ○

こちらと似たデッキでした。ネクラゼニスだったのではないかと思います。こちらが先攻だったのですが、初手の自然はフェアリー・ライフ 1 枚のみ。3 ターン目に自然のカードをようやく引いたので、やっとブーストできる!と思ったのに、間違えてゼロカゲを置いてしまいました。戻すのを拒否されたので、そのまま続行したのですが、相手はマドンナを出した後、トップに恵まれなかったようで、こちらがハングリーからの制圧ムードになった後はそのまま押し切れました。

対戦相手の方は、試合終了後、間違えてデッキを片付けそうになった僕を、急いで制止してくれました。序盤のマナセット等とともに、ルールに関していろいろ指摘してもらって、ありがたいことでした。

予選 3 戦目 どんくん、赤黒速攻 ○

このタイプのデッキに勝つために調整してきました(といっても、2t デュアルショックを決められてしまったら、返す手段はないのですが)。相手 2 パンごろにモエルやシラウオが次々とトリガーして、さらにトップで引いたタイガーやゼロカゲから除去+ブーストという制圧展開。そのままねじ伏せました。

全勝で予選通過。

本戦 1 戦目、黒赤緑ゼニス獰猛覇 ×

一週間前まで僕が使用していたデッキタイプ。同型に強い型なので、苦しい展開でした。こちらは 8 マナまで伸ばしたところで、ハンドが切れました。その後トップで引いたのがゼロカゲ、ローゼス、そしてライフ、庭園。見事にかみ合わず、敗北しました。ローゼスをあと 1 ターン遅く引いていたら、もっと勝負はかわっていたかもしれません。

試合はこんなところでした。初出場で決勝トーナメントまで進出できたので、とりあえずはよしとしましょう。皆さんお疲れ様でした!

Related posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。